事務所情報 | 出版物品 | 2017年 6月
前のページ 11 12次のページ
 


中国のチップがアメリカを追い抜く

(情報のソース:旺報)

 アメリカがグローバルにおけるチップ産業のリーダーの地位は、累卵の危きにある苦境に直面している。本年3月に発行する「Fortune」誌の中、中国のチップ産業は既に後の雁が先にある態勢を呈していると指摘している。「Fortune」誌は現在の公開情報を見れば、アメリカは中国のチップ援助政策に対してかなり心配している。若しこういう情況が変わらなければ、将来チップ産業は恐らく中国に追い越されると認めている。

 海外の企業に対する依頼を抜け出すため、前世紀70年代から、中国政府はずっと本国半導体業種の発展に尽力し、とくに2015年中国政府は新しい目標を定め、即ち10年以内にチップの内需市場の自製率を70%高め、この計画のために1000億ないし1500億米ドルを投入してその大きいアクションは既に全世界の嘱目するところである。


中国は値引きして全世界に押し寄せている


Fortune」誌はこのように指摘している。中国は毎年3400億米ドルに達する半導体の売上高の中、半分は米国から輸入してきた科学技術の巨頭、例えばIntel CorporationQualcomm Incorporation及びApple Inc.のものを販売している。しかし、この中、産業の危機をはらんでいる可能性がある。


Fortune」誌は更にこう指摘している。中国産業の歴史を知っているいかなる人でも、近年中国低い価格の鉄鋼又はソーラーパネルはいかに市場に大量に現れるかをはっきり知っている。従って、将来中国がチップ産業について同様の手法でコピーをし、即ち本土の企業を援助して大量に全世界の市場に現れ、値引き競争を行って市場に進入することもあまり意外ではない。


IDC産業のアナリストMario Morales氏は中国業者の拡張スピードがどのように早く、中米両国チップ工場は速くも肩を並べ、更にはアメリカを追い越すだろう。


中米の競り合いは反撃し難い


今年の
1月、アメリカのホワイトハウスが「米国が半導体産業における長期的リーダーの地位」と題する報告を発表し、中国が半導体産業に対する扶助は米国に対して脅威を与えよう。報告では中国の政策は市場を捻じ曲げ、米国の市場占有率を弱める。言い換えると、興りつつある中国のチップが既に新しい力を現わし、更にはグローバルチップ市場の構造及びスタイルを変える見込みがあると指摘している、

 


パラドックスのことは中国チップ業者の追い抜くに対して米国企業は有効な反撃を行えるとは限らない。「
Fortune」氏はこう指摘している。中国は同時にグローバル最大のチップ市場であるため、米国を含むグローバルのチップ大手工場は必ず中国政府を後盾とする企業と協力することを選ぶ余地はほとんど無い。インテル(Intel)のような企業が共に数十億米ドルを中国現地の合資企業又は工場に投入している。こういう複雑な競合関係に直面している業者は中国チップ工業に対して反撃に出るとは限らない。

Top  
前のページ 11 12次のページ
 
 
  11th F1., 148 Songjiang Rd., Taipei, Taiwan | Tel : 886-2-2571-0150 | Fax : 886-2-2562-9103 | Email : info@tsailee.com.tw
© 2011 TSAI, LEE & CHEN CO LTD All Rights Reserved
   Web Design by Deep-White